株式会社ディアイティはサイバーセキュリティとネットワークの企業

セミナ/教育

捜査機関向けForensics専攻教養コース

複雑化・巧妙化するサイバー犯罪に対する捜査を支援
サイバー犯罪による刑事裁判(送検、起訴)では有効な証拠の提出が求められており、捜査機関では、コンピュータ・フォレンジックの技術と理解を深め、専門家を養成することが急務となっています。 このようなご要望から、P2P情報漏えい対策支援やフォレンジック実践等、多くの実績と経験を生かした独自のテキストおよび演習環境を開発し、捜査機関等の要望を満たす、より高度なForensics専攻教養コースを提供しています。
この教養プログラムでは、実務レベルのカリキュラムを中心とし、刑事訴訟法に基づく捜査、解析手法および技法の習得を目的としています。また、専任の講師には、捜査機関向けにサイバー犯罪対策の教養実績が豊富なスペシャリストが担当しています。

教養コース(3日間)

1
概要と証拠保全教養

  • 概要
  • 痕跡各種メディア
  • 証拠能力と証明力(能力証明と担保)
  • オンラインフォレンジック
  • 各種ファイル復元ツール
  • フォレンジック関連ツール
  • コンピュータ内に残存する主要な証跡、痕跡
  • 各種ストレージ装置
  • 証拠保全手法
  • オンラインフォレンジック
  • 各種ファイル復元ツール

2
Windowsシステム解析手法教養

  • ファイルシステム
  • レジストリ
  • ログファイル/履歴ファイル
  • 最新Windows情報
  • Windowsシステムにおける解析技術
  • 事例からみるファイル解析
  • 事例からみるレジストリ解析
  • 事例からみる利用痕跡
  • PCのデータ保護機構回避

3
総合演習

  • サイバー犯罪を想定した解析演習

※本教養コースはフォレンジックツールを所有、および利用したことがある方を対象としています。また、対象のフォレンジックツールのドングルの持参をお願いしています。 本内容及びツールは、予告無く変更される場合があります。内容は随時、最新の情報を取り入れるようにしています。



初心者コース(2日間)

※ 使用するツール「X-Ways Forensics」または「FTK」となります。


1
デジタルフォレンジック概要

2
証拠保全

3
Windowsシステム解析 基礎

4
Windowsシステム解析 技法

開催日程

開催日 第3水~金のうちコースに合わせて曜日を調整します。
時間は10時~17時です。
受講人数 2~3人(4人以上は、要相談)
価格
教養コース:35万円(税別)/1名
初心者コース:20万円(税別)/1名

お申し込み

03-5634-7654電話受付時間/平日9:00-18:00
お申し込みフォーム

24時間受付