株式会社ディアイティはサイバーセキュリティとネットワークの企業

Cell Janus 製品サポート

以下、保守契約ユーザを対象とした情報です。(ID、パスワードが必要)

マニュアル

5.2.0
5.0.0

ライセンス適用手順

ライセンス適用手順書

ライセンス適用手順は、ライセンス適用手順書をご参照下さい。


リリースノート

リリースノート 5.2.4
リリースノート 5.2.4英語版

Cell Janus 5.2.4リリース

セルテクノロジー社より最新バージョンのCell Janus 5.2.4がリリースされました。
新機能及び、以前のバージョンで発生していたいくつかの不具合について修正があります。


主な新機能
  • アグリゲーションモードをGREにてサポート
    この機能で2拠点間の1セッションの帯域を最大化可能
    ※注意点:アグリゲーションモード利用時はTunnel設定においてLinkGuardを登録下さい。(次バージョンでは、登録せず利用可能となる予定です)
  • GREにてIPSec機能をサポート
    セキュリティの高いIPSecトンネル上でGRE Tunnelを行います。
    ※1 サードパーティーとのIPSec接続には対応しておらず、Cell Janus同士の対向のみサポートされます。
    ※2 IPSecではCPUリソースを非常に消費するため、事実上パフォーマンスは低下します。
  • WANインタフェースにおけるセカンダリアドレスをサポート
  • SSHのポートフォワード機能を無効化
  • DNS逆引きレコード書式にてZero Padding形式をサポート
  • WebUI上でtcpdumpによるデバッグ機能をサポート
    UI上のtroubleshootingメニューよりキャプチャデータのダウンロード可能
  • DNSにて利用されるBINDの更新
  • Shellshock対応のbashへ更新

※その他の新機能に関してはリリースノートをご参照ください 。


不具合修正の内容
  • v5.2.3にてSNMP機能が開始しない問題を修正
  • バックアップモードにおいて、WAN1のUP/DOWNによりトラフィックがブロックされる問題を修正
  • PPPoEモードにおいて、LinkGuardのホスト名が解決できない問題を修正
  • TXモデルにおける高負荷ルーティング環境下のout-of-memoryのチューニング

※その他の詳細に関してはリリースノートをご参照ください。



リリースノート 5.2.4
リリースノート 5.2.4英語版

Cell Janus 5.2.4リリース

セルテクノロジー社より最新バージョンのCell Janus 5.2.4がリリースされました。
新機能及び、以前のバージョンで発生していたいくつかの不具合について修正があります。

主な新機能
  • アグリゲーションモードをGREにてサポート
    この機能で2拠点間の1セッションの帯域を最大化可能
    ※注意点:アグリゲーションモード利用時はTunnel設定においてLinkGuardを登録下さい。(次バージョンでは、登録せず利用可能となる予定です)
  • GREにてIPSec機能をサポート
    セキュリティの高いIPSecトンネル上でGRE Tunnelを行います。
    ※1 サードパーティーとのIPSec接続には対応しておらず、Cell Janus同士の対向のみサポートされます。
    ※2 IPSecではCPUリソースを非常に消費するため、事実上パフォーマンスは低下します。
  • WANインタフェースにおけるセカンダリアドレスをサポート
  • SSHのポートフォワード機能を無効化
  • DNS逆引きレコード書式にてZero Padding形式をサポート
  • WebUI上でtcpdumpによるデバッグ機能をサポート
    UI上のtroubleshootingメニューよりキャプチャデータのダウンロード可能
  • DNSにて利用されるBINDの更新
  • Shellshock対応のbashへ更新

※その他の新機能に関してはリリースノートをご参照ください 。


不具合修正の内容
  • v5.2.3にてSNMP機能が開始しない問題を修正
  • バックアップモードにおいて、WAN1のUP/DOWNによりトラフィックがブロックされる問題を修正
  • PPPoEモードにおいて、LinkGuardのホスト名が解決できない問題を修正
  • TXモデルにおける高負荷ルーティング環境下のout-of-memoryのチューニング

※その他の詳細に関してはリリースノートをご参照ください。


リリースノート 5.2.3
リリースノート 5.2.3英語版

Cell Janus 5.2.3リリース

セルテクノロジー社より最新バージョンのCell Janus 5.2.3がリリースされました。
新機能及び、以前のバージョンで発生していたいくつかの不具合について修正があります。

主な新機能
  • WANインタフェースにおいてセカンダリゲートウェイの設定を提供
  • DNSレコード管理のためのテキストベースエディタ機能を提供
  • WebUIのパスワード長を強化(8-128文字を要求します。)
  • DNSサービス上で数字FQDNを提供
  • ホスト名を63文字まで登録可能に拡張(以前16文字までだったホスト名を63文字まで対応可能としました。)

※その他の新機能に関してはリリースノートをご参照ください 。


不具合修正の内容
  • ルートテーブルキャッシュが超過した際機器がリブートする問題を修正しました。
    (直近のルーティングパスをメモリ上に記録する。高トラフィック環境下においてルーティングテーブルが一杯となり、古いレコードのクリーンアップを試みる際Cell Janusはクリーンアップの後、リブートする場合がある。この問題は高負荷環境下で以前のバージョンでまれに発生。)
  • WAN側リンクステータスが変化した後、トラフィックチャートの誤表示が発生する問題を修正しました。
  • WebUIのルート情報においてルート情報が複製されてた問題を修正しました。
  • DNSサービスにおいてWAN,LAN両側よりlocalhostゾーンのゾーン転送が許可されていたことを修正しました。
    WAN側からのlocalhostゾーンのゾーン転送を無効化しました。

※その他の詳細に関してはリリースノートをご参照ください。


リリースノート 5.0.0~5.2.2(英語版)

ファームウェア

● 5.2.4
モデル[md5]
  • CX-34f2295e82dcc6d7f77c82dbebd441909
  • CX-3B62dcac841eb9f02a4e4e8aa2fc7ca4ec
  • EX-34ac75b5a6dd92d663f267ff1860049fe
  • RX-3edc10486d6e0709a6795b37835a8b412
  • RX-3B (RX-3-300/600)837d72b4357b5d6e21dc57c7afc6f5f9
  • RX-47775a5a1825283fe8741bbc05da83785
  • RX-4B (RX-4-300/600)f2707e5c977e532a51ddd61195a37394
  • RX-5Bc9006dc27745d7ae11bfb669aba6afb0
  • TX-5f16148dc5b9374f1ee30dd80f19d0847
  • TX-809280aa15f78ac492a7038145231bfb7
● 5.2.3
モデル[md5]
  • CX-3658e0255226265a8c679010bab86e7b7
  • CX-3B5028bf270d4b4ccdb46da1325b9ed818
  • EX-3d733eac1886879032be9ef9880a5cbf0
  • RX-332c4acfa17cb5c87b559ace512282aee
  • RX-3B (RX-3-300/600)27090499de048d4cd748be311a00fdc1
  • RX-41cb6969f5632c47970457c08189daca4
  • RX-4B (RX-4-300/600)f2de94a8b9c3e231870f33ce05d591b2
  • RX-5Bd792b29e29dd0185a57d8e15f096c56d
  • TX-5d4789abb4892425099a9b98940493fb1
  • TX-852ed03bda0f7e29b27f18d52ea084279
● 5.2.2
モデル[md5]
  • CX-3bb4829e37a5716c202f809c52e9cf2de
  • CX-3B8da4d5f1b6cac90a394d73252730c019
  • EX-372f93c5546dd4d64441e3d1e0ec0d9f3
  • RX-3744a00cb67362353aab1f4262cc28855
  • RX-3B (RX-3-300/600)d6458bd124f847fb60254b4275abb6e5
  • RX-4585e7f2a67eeb2afb1ae86dea1415b8d
  • RX-4B (RX-4-300/600)4cb70244e21331e8dc74106344752b00
  • RX-5B07632edb8a4cc010b24e8f98cf0003c9
  • TX-5303777a79b41c03f285bd724b5fc4ad4
  • TX-82b2ef23f9ab73b632c8a5e81289897e0
● 5.2.1
モデル[md5]
  • CX-33488218f046c5f73e663645d3545d3a6
  • CX-3Bafcb7a3bfec7ec30589388fcd3bc24fe
  • EX-3f1b0990457e52eab7ea1d9d083cafc32
  • RX-38c71fd3de1b829d82266030f49f4cb23
  • RX-3B (RX-3-300/600)daebfbf5166e91039dbeb276326855c9
  • RX-41cc42c294fbf2887a0d97e7695fa6d35
  • RX-4B (RX-4-300/600)f7568ab4b0c411ffd51b4d2287a1c4e6
  • RX-5Beb2426d9b767e8343556942efcab7714
  • TX-5e19245d26b8b3c75d1834fc7cb2e0b75
  • TX-8824531029411584d32b9459ca6d6692a
● 5.2.0
モデル[md5]
  • CX-38bb73a9f4fc24961e5efc160687253a3
  • CX-3Be44e35263636f10196f843ed10754288
  • EX-396c05b89279bc6c658b748a57af2e457
  • RX-38e0eb3d8c240e287abd432d48f33f540
  • RX-3B (RX-3-300/600)eacf5579aaa3432d8647e4a0e154071a
  • RX-4273ecbedfa76afaf8bd61f0699a51c04
  • RX-4B (RX-4-300/600)b71a008ffe3be473ba32ac7fbc24d8b3
  • RX-5B4458cf82249532dd29f515803b887fac
  • TX-54b3204f122d60e32560dc43f8872cc58
  • TX-847322a865620bb8fc7c28f4bd00e667b

セキュリティパッチ(アドホックパッチ)

アドホックパッチの適用方法
アドホックパッチ適用手順書
DOWNLOAD






Ad-hoc patch for upgrading DNS server to bind-9.9.10
bind-9.9.10_patch.img
[md5] cb05279cce2ab56ca97cfc3926ea7913
DOWNLOAD

本パッチはCVE-2017-3137等に対するアップデートパッチです。
リリース日:2017/05/09

  • 適用可能バージョン
    v5系は、5.3.1以下に対して適用可能
    v4系適用可能
  • 自動リブート有無
    無(適用時にリブートは伴いませんが、コンフィグレーション読み直しのため、疎通の一時断が発生します。「Save all」ボタンを押した場合の挙動となります。)
  • 適用に際し、旧bind系のパッチの事前適用は不要です。


旧セキュリティパッチ(旧アドホックパッチ)

bind-9.9.9-P5_patch.img[md5] b3ef1c093ec9c7e75ec21a97af1b7c10


bind-9.9.9-P4_patch.img[md5] a9cb37e4a7b6dd42533ba9fbffd97550


bind-9.9.9-P3_patch.img[md5] 7fb41a5f437293ee5ff6ed46252f9013


bind-9.9.8-P4_patch.img[md5] e40172c0da6f236d4bbf7dd2c5b1d4d7


bind-9.9.8-p3_patch.img[md5] efd0eca9e925eaba0eeaad86e33ebb27


bind-9.9.8-p2_patch.img[md5] f8e3a6cc178c505954cbd3bf26933f1a


bind-9.9.7-P3_patch_v2.img[md5] 55dbdfa78b8897c82f0ed39a239192c3


bind-9.9.6-P1_patch.img[md5] ea0929ed47d90739d90a07a6fd367449


bind-9.9.7-P2_patch-v5.x.img(v5用)[md5] a676f169c1bae9ffbaa0a4a4e85e6bf8


bind-9.9.7-P2_patch.img(v4用)[md5] df92cee04ddab800ac5c40dc91592c0a



Ad-hoc patch for GHOST
glibc-ghost-patch.img
[md5] cae84b1a0350c5f6984f49cc05f99ebd
DOWNLOAD

本パッチはCVE-2015-0235(GHOST)に対するアップデートパッチです。
リリース日:2015/02/19

  • 適用可能バージョン
    v5系は、5.2.4以下に対して適用可能
    v4系適用可能
  • 自動リブート有無



関連サービス / 製品

関連レポート / 資料

カタログ
詳細資料(仕様書等)