株式会社ディアイティはサイバーセキュリティとネットワークの企業

Cell Janus 製品サポート

以下、保守契約ユーザを対象とした情報です。(ID、パスワードが必要)

マニュアル

5.2.0
5.0.0

ライセンス適用手順

ライセンス適用手順書

ライセンス適用手順は、ライセンス適用手順書をご参照下さい。


リリースノート

リリースノート 5.3.2
リリースノート 5.3.2 英語版

Cell Janus 5.3.2リリース

セルテクノロジー社より最新バージョンのCell Janus 5.3.2がリリースされました。




リリースノート 5.2.4r949
リリースノート 5.2.4r949英語版

Cell Janus 5.2.4r949リリース

セルテクノロジー社より最新バージョンのCell Janus 5.2.4r949がリリースされました。
新機能及び、以前のバージョンで発生していたいくつかの不具合について修正があります。


主な新機能
  • アグリゲーションモードをGREにてサポート
    この機能で2拠点間の1セッションの帯域を最大化可能
    ※注意点:アグリゲーションモード利用時はTunnel設定においてLinkGuardを登録下さい。(次バージョンでは、登録せず利用可能となる予定です)
  • GREにてIPSec機能をサポート
    セキュリティの高いIPSecトンネル上でGRE Tunnelを行います。
    ※1 サードパーティーとのIPSec接続には対応しておらず、Cell Janus同士の対向のみサポートされます。
    ※2 IPSecではCPUリソースを非常に消費するため、事実上パフォーマンスは低下します。
  • WANインタフェースにおけるセカンダリアドレスをサポート
  • SSHのポートフォワード機能を無効化
  • DNS逆引きレコード書式にてZero Padding形式をサポート
  • WebUI上でtcpdumpによるデバッグ機能をサポート
    UI上のtroubleshootingメニューよりキャプチャデータのダウンロード可能
  • DNSにて利用されるBINDの更新
  • Shellshock対応のbashへ更新

※その他の新機能に関してはリリースノートをご参照ください 。


不具合修正の内容
  • v5.2.3にてSNMP機能が開始しない問題を修正
  • バックアップモードにおいて、WAN1のUP/DOWNによりトラフィックがブロックされる問題を修正
  • PPPoEモードにおいて、LinkGuardのホスト名が解決できない問題を修正
  • TXモデルにおける高負荷ルーティング環境下のout-of-memoryのチューニング
  • DST_Cache_Overflowの不具合を修正
  • 5.2.4r902のSNMPにおけるOIDの不具合を修正

※その他の詳細に関してはリリースノートをご参照ください。


リリースノート 5.2.4r902
リリースノート 5.2.4r902英語版

Cell Janus 5.2.4r902リリース

セルテクノロジー社より最新バージョンのCell Janus 5.2.4r902がリリースされました。
新機能及び、以前のバージョンで発生していたいくつかの不具合について修正があります。

主な新機能
  • アグリゲーションモードをGREにてサポート
    この機能で2拠点間の1セッションの帯域を最大化可能
    ※注意点:アグリゲーションモード利用時はTunnel設定においてLinkGuardを登録下さい。(次バージョンでは、登録せず利用可能となる予定です)
  • GREにてIPSec機能をサポート
    セキュリティの高いIPSecトンネル上でGRE Tunnelを行います。
    ※1 サードパーティーとのIPSec接続には対応しておらず、Cell Janus同士の対向のみサポートされます。
    ※2 IPSecではCPUリソースを非常に消費するため、事実上パフォーマンスは低下します。
  • WANインタフェースにおけるセカンダリアドレスをサポート
  • SSHのポートフォワード機能を無効化
  • DNS逆引きレコード書式にてZero Padding形式をサポート
  • WebUI上でtcpdumpによるデバッグ機能をサポート
    UI上のtroubleshootingメニューよりキャプチャデータのダウンロード可能
  • DNSにて利用されるBINDの更新
  • Shellshock対応のbashへ更新

※その他の新機能に関してはリリースノートをご参照ください 。


不具合修正の内容
  • v5.2.3にてSNMP機能が開始しない問題を修正
  • バックアップモードにおいて、WAN1のUP/DOWNによりトラフィックがブロックされる問題を修正
  • PPPoEモードにおいて、LinkGuardのホスト名が解決できない問題を修正
  • TXモデルにおける高負荷ルーティング環境下のout-of-memoryのチューニング

※その他の詳細に関してはリリースノートをご参照ください。


リリースノート 5.2.3
リリースノート 5.2.3英語版

Cell Janus 5.2.3リリース

セルテクノロジー社より最新バージョンのCell Janus 5.2.3がリリースされました。
新機能及び、以前のバージョンで発生していたいくつかの不具合について修正があります。

主な新機能
  • WANインタフェースにおいてセカンダリゲートウェイの設定を提供
  • DNSレコード管理のためのテキストベースエディタ機能を提供
  • WebUIのパスワード長を強化(8-128文字を要求します。)
  • DNSサービス上で数字FQDNを提供
  • ホスト名を63文字まで登録可能に拡張(以前16文字までだったホスト名を63文字まで対応可能としました。)

※その他の新機能に関してはリリースノートをご参照ください 。


不具合修正の内容
  • ルートテーブルキャッシュが超過した際機器がリブートする問題を修正しました。
    (直近のルーティングパスをメモリ上に記録する。高トラフィック環境下においてルーティングテーブルが一杯となり、古いレコードのクリーンアップを試みる際Cell Janusはクリーンアップの後、リブートする場合がある。この問題は高負荷環境下で以前のバージョンでまれに発生。)
  • WAN側リンクステータスが変化した後、トラフィックチャートの誤表示が発生する問題を修正しました。
  • WebUIのルート情報においてルート情報が複製されてた問題を修正しました。
  • DNSサービスにおいてWAN,LAN両側よりlocalhostゾーンのゾーン転送が許可されていたことを修正しました。
    WAN側からのlocalhostゾーンのゾーン転送を無効化しました。

※その他の詳細に関してはリリースノートをご参照ください。


リリースノート 5.0.0~5.2.2(英語版)

ファームウェア

● 5.3.2
モデル[md5]
  • CX-3ea2b7aa3ef3c81b25d77fa06adbc7cbd
  • CX-3B1246e4507e816b8d41fab1652c76c37b
  • EX-34a11be3c8f120b4af1329bd2d92940c0
  • RX-3161252839f4323fd8ced4def21bcfa05
  • RX-3B (RX-3-300/600)f71f47ff218f548360521510c3243ca2
  • RX-3C6d324520c90ae9bfb7436dde7dd44c23
  • RX-44c0b8a15f7d78dfedc7a1310bca3cf7d
  • RX-4B (RX-4-300/600)b1719d16c56a46a4860d761db2cc816e
  • RX-4Ca1f908f5e48fbd2fc9e983666302b4d8
  • RX-5B1c896e157ae25a9d706423aa6ce76742
  • TX-5dc8b6786227df1539f748b174d02aeef
● 5.2.4r949
モデル[md5]
  • CX-3a70e16d0f40581c5731643110ed586fc
  • CX-3B333a816a718484332d885c7bfd7ef898
  • EX-3280620d91b7bd11744c7b1c732a1b8de
  • RX-38fed2883f8d0624d9dcd579d07f193d7
  • RX-3B (RX-3-300/600)e47c4d6cc21c17fb326b3563b8d9d2a9
  • RX-4ec625748a8c3e0697f65ece73de3bfc8
  • RX-4B (RX-4-300/600)691e7c9f491c84ea159c0954ee72b694
  • RX-5B1f04f84f11069e3e6efa080450cb2a8d
  • TX-57ccd9f7c411c2ebd34343022d50c9846
● 5.2.4r902
モデル[md5]
  • CX-34f2295e82dcc6d7f77c82dbebd441909
  • CX-3B62dcac841eb9f02a4e4e8aa2fc7ca4ec
  • EX-34ac75b5a6dd92d663f267ff1860049fe
  • RX-3edc10486d6e0709a6795b37835a8b412
  • RX-3B (RX-3-300/600)837d72b4357b5d6e21dc57c7afc6f5f9
  • RX-47775a5a1825283fe8741bbc05da83785
  • RX-4B (RX-4-300/600)f2707e5c977e532a51ddd61195a37394
  • RX-5Bc9006dc27745d7ae11bfb669aba6afb0
  • TX-5f16148dc5b9374f1ee30dd80f19d0847
  • TX-809280aa15f78ac492a7038145231bfb7
● 5.2.3
モデル[md5]
  • CX-3658e0255226265a8c679010bab86e7b7
  • CX-3B5028bf270d4b4ccdb46da1325b9ed818
  • EX-3d733eac1886879032be9ef9880a5cbf0
  • RX-332c4acfa17cb5c87b559ace512282aee
  • RX-3B (RX-3-300/600)27090499de048d4cd748be311a00fdc1
  • RX-41cb6969f5632c47970457c08189daca4
  • RX-4B (RX-4-300/600)f2de94a8b9c3e231870f33ce05d591b2
  • RX-5Bd792b29e29dd0185a57d8e15f096c56d
  • TX-5d4789abb4892425099a9b98940493fb1
  • TX-852ed03bda0f7e29b27f18d52ea084279
● 5.2.2
モデル[md5]
  • CX-3bb4829e37a5716c202f809c52e9cf2de
  • CX-3B8da4d5f1b6cac90a394d73252730c019
  • EX-372f93c5546dd4d64441e3d1e0ec0d9f3
  • RX-3744a00cb67362353aab1f4262cc28855
  • RX-3B (RX-3-300/600)d6458bd124f847fb60254b4275abb6e5
  • RX-4585e7f2a67eeb2afb1ae86dea1415b8d
  • RX-4B (RX-4-300/600)4cb70244e21331e8dc74106344752b00
  • RX-5B07632edb8a4cc010b24e8f98cf0003c9
  • TX-5303777a79b41c03f285bd724b5fc4ad4
  • TX-82b2ef23f9ab73b632c8a5e81289897e0
● 5.2.1
モデル[md5]
  • CX-33488218f046c5f73e663645d3545d3a6
  • CX-3Bafcb7a3bfec7ec30589388fcd3bc24fe
  • EX-3f1b0990457e52eab7ea1d9d083cafc32
  • RX-38c71fd3de1b829d82266030f49f4cb23
  • RX-3B (RX-3-300/600)daebfbf5166e91039dbeb276326855c9
  • RX-41cc42c294fbf2887a0d97e7695fa6d35
  • RX-4B (RX-4-300/600)f7568ab4b0c411ffd51b4d2287a1c4e6
  • RX-5Beb2426d9b767e8343556942efcab7714
  • TX-5e19245d26b8b3c75d1834fc7cb2e0b75
  • TX-8824531029411584d32b9459ca6d6692a
● 5.2.0
モデル[md5]
  • CX-38bb73a9f4fc24961e5efc160687253a3
  • CX-3Be44e35263636f10196f843ed10754288
  • EX-396c05b89279bc6c658b748a57af2e457
  • RX-38e0eb3d8c240e287abd432d48f33f540
  • RX-3B (RX-3-300/600)eacf5579aaa3432d8647e4a0e154071a
  • RX-4273ecbedfa76afaf8bd61f0699a51c04
  • RX-4B (RX-4-300/600)b71a008ffe3be473ba32ac7fbc24d8b3
  • RX-5B4458cf82249532dd29f515803b887fac
  • TX-54b3204f122d60e32560dc43f8872cc58
  • TX-847322a865620bb8fc7c28f4bd00e667b

セキュリティパッチ(アドホックパッチ)

アドホックパッチの適用方法
アドホックパッチ適用手順書
DOWNLOAD






Ad-hoc patch for upgrading DNS server to bind-9.9.10
bind-9.9.10_patch.img
[md5] cb05279cce2ab56ca97cfc3926ea7913
DOWNLOAD

本パッチはCVE-2017-3137等に対するアップデートパッチです。
リリース日:2017/05/09

  • 適用可能バージョン
    v5系は、5.3.1以下に対して適用可能
    v4系適用可能
  • 自動リブート有無
    無(適用時にリブートは伴いませんが、コンフィグレーション読み直しのため、疎通の一時断が発生します。「Save all」ボタンを押した場合の挙動となります。)
  • 適用に際し、旧bind系のパッチの事前適用は不要です。


旧セキュリティパッチ(旧アドホックパッチ)

bind-9.9.9-P5_patch.img[md5] b3ef1c093ec9c7e75ec21a97af1b7c10


bind-9.9.9-P4_patch.img[md5] a9cb37e4a7b6dd42533ba9fbffd97550


bind-9.9.9-P3_patch.img[md5] 7fb41a5f437293ee5ff6ed46252f9013


bind-9.9.8-P4_patch.img[md5] e40172c0da6f236d4bbf7dd2c5b1d4d7


bind-9.9.8-p3_patch.img[md5] efd0eca9e925eaba0eeaad86e33ebb27


bind-9.9.8-p2_patch.img[md5] f8e3a6cc178c505954cbd3bf26933f1a


bind-9.9.7-P3_patch_v2.img[md5] 55dbdfa78b8897c82f0ed39a239192c3


bind-9.9.6-P1_patch.img[md5] ea0929ed47d90739d90a07a6fd367449


bind-9.9.7-P2_patch-v5.x.img(v5用)[md5] a676f169c1bae9ffbaa0a4a4e85e6bf8


bind-9.9.7-P2_patch.img(v4用)[md5] df92cee04ddab800ac5c40dc91592c0a



Ad-hoc patch for GHOST
glibc-ghost-patch.img
[md5] cae84b1a0350c5f6984f49cc05f99ebd
DOWNLOAD

本パッチはCVE-2015-0235(GHOST)に対するアップデートパッチです。
リリース日:2015/02/19

  • 適用可能バージョン
    v5系は、5.2.4以下に対して適用可能
    v4系適用可能
  • 自動リブート有無



関連サービス / 製品

関連レポート / 資料

カタログ
詳細資料(仕様書等)