株式会社ディアイティはサイバーセキュリティとネットワークの企業

特権アカウント管理状況調査ツール

Discovery & Audit (DNA)
DNAはドメイン配下のサーバ/PC、UNIX/Linuxのサーバ、AWS環境に含まれる特権アカウントやSSH鍵を洗い出し、管理状況やリスクを調査するツールです。
CyberArk PASの導入をご検討中のお客様に無償で提供し、現在の管理状況を可視化いただくことが可能です。

製品概要

  • DNAはWindowsPC上で動作するプログラムです。
  • DNAにサーバの一覧、もしくはADアカウントを付与することで、管理下のサーバ内のアカウントをスキャンし、アカウントの一覧と管理状況に関するレポートを作成します。

主な調査内容

1アカウントの洗い出し

  • Windows、Linux/Unix AWS IAM ユーザ
  • Windowsサービス アカウント認証情報
  • アプリケーションに埋め込まれている認証情報
  • SSH鍵

2アカウント利用状況の調査

  • 変更状況(最終変更日数、同一パスワード利用)
  • アカウント利用状況(最終ログイン日)など

3リスクの抽出

  • Pass-the-Hash 脆弱性の有無
  • Golden Ticket リスクの有無
  • 長期間パスワード変更されていないアカウント

DNA利用のメリット

1課題の把握

  • 特権アカウントの攻撃リスクを把握
  • 非管理アカウント、不要なアカウントの抽出

2時間とコストの削減

  • セキュリティ監査の準備の時間とコストを削減
  • 容易に実行して結果を出力

3特権アカウントのプロジェクトメリットを最適化

  • プロジェクトのスコープを把握
  • プロジェクトの優先順位を設定

製品情報および資料

この製品に関するお問い合わせ

03-5634-7652電話受付時間/平日9:00-18:00
メールでのお問い合わせ

24時間受付