株式会社ディアイティはサイバーセキュリティとネットワークの企業

マルウェアの特定と社内感染の追跡を実現

CAPLogger (Communication And Process Logger)
マルウエアに感染した場合に、その原因や広がり具合や関係するプログラムなどを速やかに可視化していくクライアントに常駐するタイプのツールです。機能としては、プロセスと通信を紐つけてテキスト形式で記録する。

このような課題解決に

  • PCのマルウェア感染を把握したが外部に解析を委託する費用が無い。
  • 感染拡大を阻止するために迅速な対応をしたい。
  • 未定義のマルウェアに感染したPCを発見したい。

CAPLoggerの特徴

CAPLogger (Communication And Process Logger)

1通信の「見える化」を実現

  • PCで実行された通信のログを記録
  • すべのプロセスと通信情報を紐づけ

2迅速にマルウェア感染状況の把握

PC内のマルウェアプログラムの特定、関連プログラムの存在、起動原因の把握が容易


3コストと時間の大幅削減供

外部専門業者へのPC解析委託が不要


4社内の感染状況の迅速な把握と感染拡大の阻止

  • 別途、弊社が開発した「SFChecker」と連携することにより、未定義のマルウェアに感染した他のPCの発見が容易
  • 感染拡大を阻止するための迅速な対応が可能

動作環境

本プログラムはドライバでの提供となります。
対応OS: Windows7(32bit、64bit)、Windows8、8.1(32bit、64bit)

この製品に関するお問い合わせ

03-5634-7654電話受付時間/平日9:00-18:00
メールでのお問い合わせ

24時間受付