株式会社ディアイティはサイバーセキュリティとネットワークの企業

サイバー攻撃の可視化で迅速な検知と被害の最小化

サイバー攻撃に対抗する統合分析プラットフォーム

WADJET(ウジャト)
WADJETは、国立研究開発法人 情報通信研究機構の開発したリアルタイムネットワーク可視化システム「NIRVANA改」に、ディアイティが独自に開発した分析機能を搭載。各種セキュリティアプライアンスからのアラートを収集して可視化するための相関分析システム、相関分析結果に基づきネットワーク機器と連動します。
インシデント発生時には、ルールに従ってファイアウォールやスイッチ等のネットワーク機器を自動的に制御し、異常通信の遮断を実現する自動防御機能が働きます。 これにより、組織内における情報セキュリティインシデントの詳細な原因究明と、迅速な対応を実現する純国産のセキュリティプラットフォームが誕生しました。
WADJETは、組織のネットワークの異常の検知、防御までサイバー攻撃に対抗するプラットフォームを提供します。

このような課題解決に

  • ネットワーク監視で異常通信や不正アクセスをもっと分かりやすくしてほしい。
  • 不正アクセスなどを発見した時には、ネットワーク機器を自動的に制御して、迅速なセキュリティ防御を行いたい。
  • セキュリティアラートが多いため、オペレーションを自動化してサイバー攻撃の防御を高めたい。

WADJET(ウジャト)の特徴

1アラート可視化機能:警告表示

Syslog により収集されたセキュリティアプライアンスのアラートを表示
大きさと回転速度により各種セキュリティアプライアンスからのアラートの数や鮮度を視覚的に確認
セキュリティアプライアンスの種類ごとに表示・非表示の設定が可能

2アラート可視化機能:リストビュー

アラートリストウインドウを使用してアラート一覧から詳細を表示


3トラフィック可視化機能(パケット)

3D空間内にパケット情報をリアルタイムアニメーションで描画、トラフィックの状況をパケット単位で詳細に把握

4フロー描画機能

トラフィックのパケット数、データ量を可視化
トラフィックが、どのネットワークセグメントに集中しているか3D空間内にリアルタイムアニメーションで表示


5可視化ビュー:IPアドレスブロック

IP アドレスの表示範囲はインターネット全体(0.0.0.0/0)からIPアドレス単位の表示までドリルダウンが可能

6可視化ビュー:トポロジ

トラフィックとアラートをユーザが作成したネットワークトポロジ図上に可視化


7自動防御機能

インシデント発生時に、ルールに従ってファイアウォールやスイッチ等のネットワーク機器を自動的に制御


8ダークネット監視オプション

組織の未使用のIP アドレスをダークネット化して、自組織で発生した不正通信や自組織に届くサイバー攻撃をリアルタイムで可視化
複数の表示モードで、サイバー攻撃の把握や予兆が可能

製品構成

マネジメントシステム WADJET製品群管理サーバ 可視化システム 可視化システム
※ WQHD(2560x1440)以上の解像度を推奨
センサシステム ネットワークセンサ 分析システム アラート情報相関分析エンジン
ゲートシステム センサシステムからのデータを収集 防御システム 防御エンジン
アラート情報収集システム 各種アプライアンスからのアラート情報を収集 ダークネット
監視オプション
ダークネット分析システム「SiteVisor」
WADJET製品構成例

導入事例

WADJET導入事例:長崎県立大学

長崎県立大学 シーボルト校 様

サイバー攻撃の「見える化」による先進的セキュリティ教育

日本初の「情報セキュリティ学科」を開設した長崎県立大学は、セキュリティ演習の実践を目的として、情報セキュリティを実体験できるリアルタイムネットワーク可視化システム「WADJET」を導入。(PDF)

関連サービス / 製品

この製品に関するお問い合わせ

03-5634-7651電話受付時間/平日9:00-18:00
メールでのお問い合わせ

24時間受付