株式会社ディアイティはサイバーセキュリティとネットワークの企業

ログの相関分析でサイバー攻撃から情報資産を守る
- 導入支援と運用支援 -

McAfee SIEM(Security Information and Event Management)
標的型攻撃に代表されるサイバー攻撃は日々巧妙化・複雑化し、従来の個別のセキュリティ対策では、全く対応できない状況となっています。
特にエンタープライズレベルの大規模ネットワークでは、ファイアウォールに代表されるセキュリティシステムやアプリケーションのログ、ネットワーク全体のフロー、認証情報等のログを連携させ、相関的に分析することが、セキュリティリスクを低減させるうえで重要となります。
McAfee SIEMは、大規模ネットワークを構成する多種多様なシステムから取得される情報を統合し、相関的に分析し、可視化することにより、企業の情報資産をセキュリティ脅威から守るための、次世代統合ログ分析システムです。

このような課題解決に

  • 大規模ネットワークなので全体的なログ分析が出来ていない。統合的なログ解析でセキュリティレベルを高めたい。
  • 様々なログデータがあるのでログ分析に時間と手間がかかっている。
  • セキュリティポリシから専用ソフトなどをインストールせずに管理を行いたい。できればブラウザで操作したい。

McAfee SIEMの特長

McAfee SIEM(Security Information and Event Management)

1多種多彩なデータソースをサポート

  • 種々のデータソースから受信したログデータを自動的に共通フォーマットに変換
  • ログ分析、レポート出力が容易

2ハイパフォーマンスを実現する高速処理システム

  • 独自のデータベースと専用ハードウェアを採用
  • リアルタイム性を実現
  • 分散型データ収集にも対応

3連携機能で脅威の可視化

  • McAfee GTI(Global Threat Intelligence)と連携
  • 収集したログデータに、インターネット上で分析確認されたセキュリティリスク情報(レピュテーション情報)を付与し、脅威を可視化
  • インシデント対応の効率化

4関連イベントをひも付けて自動分析

  • ACE(Advanced Correlation Engine)による関連するイベントをひも付けて分析
  • McAfee SIEMの相関分析ルールにより代表的な問題を自動分析

5レポーティングの操作性

  • ブラウザベースでの管理
  • 専用のソフトウェアやエージェントは不要
  • イベントデータに重要度情報を付与することにより、注目度の高いイベントを抽出
  • 過去のデータから算出された平均値と現況の比較が可能
  • コンプライアンス視点でのレポーティングも可能

McAfee SIEMの構成

基本構成

McAfee Enterprise Security Manager 高速処理による関連情報の迅速提供
エンタープライズのリスク情報、グローバルな脅威情報を活用した
迅速な脅威対応とレポート出力
McAfee Event Receiver デバイスのイベントログやネットワークフローの収集
McAfee Enterprise Log Manager 幅広いログを自動管理
コンプライアンス対応のログ管理
フォレンジックに必須の信頼性と整合性の確保
McAfee Advanced Correlation Engine データのリアルタイム監視
相関エンジンの利用によるリスクや脅威の未然検出
McAfee Global Threat Intelligence for ESM レピュテーション情報の提供

オプション

McAfee Application Data Monitor アプリケーション使用状況を正確に分析
使用ポリシの徹底、悪質なトラフィックの検出
McAfee Databese Event Monitor for SIEM データベースの設定やアクセスを監視し、トランザクションを記録

関連サービス / 製品

関連レポート / 資料

この製品に関するお問い合わせ

03-5634-7652電話受付時間/平日9:00-18:00
メールでのお問い合わせ

24時間受付