株式会社ディアイティはサイバーセキュリティとネットワークの企業

キャプチャデータをリアルタイムで解析
ネットワークの問題をすばやく判断できる
高性能LANアナライザ

Savvius Omnipeek
パケットデータの一覧からでは捉えにくいネットワークの問題やパフォーマンスの変化をSavvius Omnipeekはリアルタイムに解析し可視化します。
ネットワーク調査、管理、製品開発など、あらゆるフィールドでSavvius Omnipeekは最高のパフォーマンスを発揮します。

このような課題解決に

  • IEEE802.11ac無線LANトラブルを解決したい
  • 複数の無線LANチャネルを同時にキャプチャして評価したい
  • ネットワークの利用状況を把握したい
  • Voice over IP/Video over IPの品質を評価したい

Savvius Omnipeek の特徴

802.11ac

1IEEE802.11ac無線LANパケットのキャプチャに対応

世界で唯一USB無線LANアダプタでの802.11ac 2ストリームキャプチャに対応。

アクセスポイント間のローミングの解析など、複数チャネルの同時キャプチャを必要とする場合でも、USBアダプタならこれを可能にします。
Omnipeekなら、一般に広く普及し始めた802.11ac 2ストリーム通信の同時キャプチャを実現できます。
対応USB無線LANアダプタの情報を見る ››

また、対応のアクセスポイントを使用することで、802.11ac 3ストリームのキャプチャを可能にします。
3ストリームでより精度の高いパケットキャプチャを必要とする無線製品の評価や製品開発などにご利用頂けます。
対応アクセスポイントキャプチャアダプタの情報を見る ››


2有線でも無線でも複数同時キャプチャで精度の高いパケットの追跡

Omnipeekは複数のネットワークアプタでの同時キャプチャをサポートします。
それぞれのアダプタで個別に同時キャプチャはもちろんのこと、Aggregator機能により複数のアダプタで同時にキャプチャした結果を1つのパケットデータとして時系列に統合することも可能です。ネットワークアダプタは、有線LAN、無線LANを問いません。 1つのパケットデータとしてまとめられるため、異なるセグメントやチャネル間でのパケットの追跡が容易になります。異なるPCで各々にキャプチャした結果を後から統合した場合、PC間の時刻のズレが問題になりますが、Aggregator機能による同時キャプチャでは時刻のズレが生じることはありません。


Compass

3リアルタイムに統計情報をグラフ表示して、問題を視覚的にすばやく把握

OmnipeekはパケットをキャプチャしてOmnipeekは単にパケットをキャプチャするだけでなく、リアルタイムに統計情報を数値、グラフで表示します。
キャプチャをしながらリアルタイムで統計情報を表示することで、ネットワーク上で発生している問題を視覚的にすばやく把握することができます。ネットワーク利用率が急激に増加している時間帯や特定のノードやプロトコル、アプリケーションなどをダッシュボードから範囲指定、選択して対象のパケットをすばやく抽出することができます。
また、パケットのキャプチャを継続しながら抽出が可能ですので、調査のためにキャプチャを停止させる必要はありません。


Statistics

4多彩な解析機能で傾向を把握しながら必要なパケットを簡単に抽出

Omnipeekは、パケットをキャプチャしながら、さまざまな角度からリアルタイムに解析できる機能が実装されています。

すべての解析機能が自動的に実行され、ユーザは目的に合わせて必要な解析機能からアプローチすることができます。
解析結果からノードやプロトコル、アプリケーションなど対象を選択してパケットデータを抽出・除外が簡単に行なえ、パケット解析にかかる時間を格段に短縮します。
パケットデータを直接フィルタリングで絞り込む従来の方法とは異なり、解析結果で全体の状況を把握しつつ、目的のパケットを抽出しフォーカスするOmnipeekにしかない画期的なパケット解析方法を提供します。


Filters

5複雑な条件も直感的で簡単に作成できるコマンド不要のGUIフィルタ

Omnipeekでは、GUIで作成し選択するタイプのフィルタを採用しています。
複雑な構文を覚える必要がなく、GUIで直感的にフィルタルールを作成でき、適用もマウスで選択するだけです。
C Omnipeekには、デフォルトで一般的なフィルタが多数準備されています。
ユーザが独自に作成したフィルタも保存することも可能で、色分けや内容の注釈、フォルダで整理することでわかりやすく分類することができるようになっています。
作成したフィルタは、キャプチャ時のフィルタリング、キャプチャ後のパケット抽出のほか、キャプチャ開始・終了のトリガー条件、アラーム条件としても使用できます。
フィルタの選択は、マウスを使って一覧から選択するだけの簡単な操作で行えます。


6Omnipeek独自機能 アプリケーション解析&ジオロケーション識別

Procera Networks社のNAVL for Deep Packet Inspectionデータベースを実装し、レイヤー7の情報と照合して1300種類以上のアプリケーションを特定します。
プロトコルからだけでは何の目的で通信されたパケットかを識別することは容易ではありませんが、Omnipeekならアプリケーション識別機能で禁止アプリケーションの検出など、これまでのパケットキャプチャでは簡単にはできなかった新しい視点からの解析を可能にします。

ジオロケーション識別機能は、IPアドレスの既知のロケーションを識別・表示します。
パケットリストにロケーションの情報が表示され、特定の地域からのパケットをフィルタリング・抽出することも可能にしました。 また、ロケーション解析機能により地域ごとのパケット数・データ量などの統計解析でロケーションという新たな視点からのパケット解析を可能にします。

製品ラインナップ

Enterprise

Omnipeek Enterpriseは、Savviusのフラッグシップのネットワークアナライザです。

Savviusのすべてのネットワーク解析機能を搭載し、スタンドアローンのローカルキャプチャだけでなく、Omniplianceなどのキャプチャエンジンで収集したトラフィックを分析するコンソールとしての役割も兼ね備えています。
キャプチャエンジンへの同時接続は無制限。

Voice & Video over IP、Webトラフィック、マルチセグメント解析機能を搭載。

Professional

Omnipeek Professionalは、スモールビジネスや企業の部署での利用に適したエディションです。

最大2台のキャプチャエンジンへの同時接続をサポート。

Connect

Omnipeek Connectは、ローカルキャプチャ関連の機能を除いたキャプチャエンジンへのリモート接続、管理専用のOmnipeekです。

Omnipeek Professionalと同等の解析機能に加え、Webトラフィック解析機能を実装。
キャプチャエンジンへの同時接続は無制限。

Savvius Omnipeek機能比較表

  Omnipeek Enterprise Omnipeek Professional Omnipeek Connect
推奨ユーザ 大企業のネットワーク管理者やネットワークエンジニア
ISPまたはサービスプロバイダのサービス技術者
音声解析技術者
ネットワーク製品開発者
中小企業のネットワーク管理者やネットワークエンジニア
情報システムエンジニア
フィールドサービスエンジニア
ネットワーク製品開発者
ローカルキャプチャを必要としないネットワーク管理者またはネットワークエンジニア
Display Options      
パケット
ログ
ネットワークダッシュボード
アプリケーションダッシュボード
Voice & Videoダッシュボード
Compassダッシュボード
Peer Map
Graphs
Capture Options      
ローカルキャプチャ
複数同時キャプチャ
複数アダプタ
TCPDump
Features      
リモートエンジン接続数 無制限 2台同時 無制限
フィルタ・アラーム
無線LAN 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac
※Omnipliance WiFi使用時
ジオロケーション識別
アプリケーション識別
統計解析
ローミング解析
マルチセグメント解析
Voice Over IP
Call Data Record (CDR)
Video Over IP
MPLS・VLAN
Expertフロー解析
Webトラフィック解析
ローカルファイル解析

システム要件

ハードウェア要件

最小構成 推奨構成
CPU:Intel Core i3 以上
RAM:4GB以上(Omnipeek Enterprise)
       :2GB以上(Omnipeek Professional)
HDD:40GB以上の空き領域(Omnipeek Enterprise)
       :20GB以上の空き領域(Omnipeek Professional)
CPU:Intel Core i5 (第4世代 Haswell)以上
RAM:8GB以上(Omnipeek Enterprise)
HDD:40GB以上の空き領域(Omnipeek Enterprise)

※ Omnipeekを快適にご利用頂くため、弊社では上記スペックのシステムを推奨していますが、Omnipeekのすべての使用環境における性能を保証するものではありません。

ソフトウェア要件

サポートされるオペレーティングシステム そのた必要システム
  • Windows 10 (64bit版)
  • Windows 8.1 (64bit版)
  • Windows 7 (32bit版 / 64bit版)
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2

※ Omnipeekは、キャプチャおよびパケットデータの展開に多くのメモリを使用しますので、64bit版OSのご利用を推奨します。
  • Internet Explorer 9.0 以上
  • Adobe Flash Player for Internet Explorer v20.0.0.272以上

この製品に関するお問い合わせ

03-5634-7653お電話受付時間/平日9:00-18:00
メールでのお問い合わせ

24時間受付