株式会社ディアイティはサイバーセキュリティとネットワークの企業

よくある質問|Savvius Omnipeek

全般

Q1Omnipeekはどこで購入できますか?

お取引のある販社様へお問合せください。

Q2Omnipeekの評価版はありますか?

15日間機能制限なしでご利用できる評価版Omnipeekがございます。詳しくは、こちらをご参照ください。

>> Omnipeek評価版申し込み
Q3Omnipeek EnterpriseとProfessionalの機能の違いは何ですか?

Enterprise版とProfessional版では、ご利用頂ける解析機能に違いがございます。解析以外の機能に関しては、違いはございません。
詳しくは、こちらをご参照ください。

Q4OmniPeek ProfessionalをEnterpriseにバージョンアップすることはできますか?

Professional版とEnterprise版の差額をお支払い頂くことでバージョンアップが可能です。
バージョンアップをご希望の場合は、弊社カスタマサポート、または営業担当までご連絡ください。

Q5Omnipeekは日本語に対応していますか?

プログラム内の表記は英語のみの対応となります。
マニュアル(PDF)と、「エキスパート解析機能」で表示される詳細情報は、日本語対応となっております。

Q6内蔵の無線LANアダプタで無線LANキャプチャはできますか?

できません。
Omnipeekで無線LANパケットをキャプチャする場合は、Savvius社指定のチップセットを使用したUSB無線LANアダプタと、Savvius社が提供するカスタムドライバを使用する必要があります。
こちらでご確認ください。

Q7PCの推奨スペックを教えてください。

こちらをご参照ください。
なお、この推奨スペックは標準的なOmnipeekの使用方法で快適に動作するためのものであり、Omnipeekのあらゆる動作条件を保証するものではありません。

Q8対応OSを教えてください。

こちらをご参照ください。

Q91つのOmnipeekで複数のキャプチャを同時にできますか?

できます。
Omnipeekの機能として、同時キャプチャできる数に制限はありませんが、ご利用のPCのスペックやOS、その他のアプリケーションなどの条件によっては、パケットの取りこぼしをする場合がございますのでご注意ください。

Q10Omnipeekで802.11ac 3ストリームの無線キャプチャをできますか?

できます。
Omnipeekで802.11ac 3ストリームの無線LANキャプチャをする場合、アクセスポイント(AP)を使用したキャプチャとなります。
こちらでご確認ください。

Q11アンインストールした後で、同じPCに再インストールはできますか?

できます。
ただし、OSを再インストールした場合は、アクティベーションの解除をする必要があります。
アクティベーションの解除については”製品のアクティベーションとは何ですか?”をご参照ください。

ライセンス

Q1製品のアクティベーションとは何ですか?

Omnipeek シリーズのライセンス形態は、"1台のPCへのインストール”を許可する内容となっており、インストールの際にPCとシリアル番号を紐付けして登録・管理されます。このしくみを"アクティベーション"と呼びます。
アクティベーション完了後は他のPCにソフトウェア をインストールすることはできません。
同じライセンスを使用して他のPCへOmnipeekをインストールし直す場合は、アクティベーション解除を行う必要があります。
”OmnipeekをインストールするPCを他のPCに変更することはできますか?”をご参照ください。

Q2OmnipeekをインストールするPCを他のPCに変更することはできますか?

できます。
ただし、Omnipeekをインストールした際にアクティベーションで現在のPCに紐付けて登録がされている状態になっているため、新しいPCへ再インストールする場合は、アクティベーション情報の解除をする必要があります。
Omnipeek アクティベーション解除申請」に記載の手順に従い アクティベーション解除を行なってください。

Q3製品版とサブスクリプション版の違いは何ですか?

製品版は、ご購入後永続的にご利用頂けるライセンスとなります。
これに対し、サブスクリプション版は、ご利用期間(1年間)に制限のあるライセンスとなります。
利用期間を限定することで、製品版と比べ安価でご提供しています。
ご利用期間経過後、継続してサブスクリプション版をご利用頂く場合は、再度ライセンスをご購入頂くことになります。
サブスクリプション版ライセンスには、保守サービスが含まれますが、以下の制限がございます。

  • ・MyPeekの利用
  • ・Omnipeekの他のPCへの移動、再インストール (PCの故障などやむを得ない場合を除く)

Q4サブスクリプション版と製品版で機能の違いはありますか?

機能に違いはございません。
保守サービスに一部制限がございますので、”製品版とサブスクリプション版の違いは何ですか?”をご参照ください。

保守契約

Q1保守契約の費用について教えてください。

ご購入初年度の保守サービスは製品に含まれます。
次年度以降の保守サービス費用は以下の通りです。

  • ・Omnipeek Enterprise  年間: 180,000円 (税別)
  • ・Omnipeek Professional 年間: 90,000円 (税別)

価格は予告なく変更される場合がありますので、弊社カスタマサポート、または営業担当までご連絡ください。

Q2保守契約をするメリットを教えてください。

保守契約に加入頂きますと、以下の各種サービスのご提供がございます。

  • ・Omnipeekのアップグレードがリリースされた際のご利用
  • ・電話、E-mailでの技術的なお問い合わせ
  • ・アクティベーション解除申請

アクティベーションの解除については”製品のアクティベーションとは何ですか?”をご参照ください。

Q3MyPeekとは何ですか?

Omnipeekをご購入頂いたユーザ様向けに、Savvius社が運営するユーザポータルサイトになります。
MyPeekでは、シリアル番号の確認やOmnipeekの最新バージョンや無線LANアダプタ用ドライバ等のダウンロードができます。
MyPeekへのログインには、ご購入時にご登録頂いたメールアドレスとパスワードが必要です。

Q4保守契約の再契約はできますか?

できます。
ただし、保守契約終了日までに更新頂くことが原則となっており、保守契約終了後の再契約では前回の保守契約終了日から 再契約日までの期間を含めた保守料金をお支払い頂くことになります。
また、前回の保守契約終了日から経過した期間によっては、再契約を行うことができません。 再契約可否の基準は以下のとおりです。

  • ・保守契約終了日から90日以内の場合

    規定料金での再契約可能です。
    保守開始日は、前回の保守契約終了日の翌日になります。

  • ・91日以上経過した場合

    弊社カスタマサポート、または営業担当までご連絡ください。

使い方

Q1WiresharkでキャプチャしたパケットデータをOmnipeekで読み込むことはできますか?

できます。
Omnipeekは、Wiresharkのパケットデータ形式に対応しています。
ただし、正常に読み込むことができない場合でも、弊社サポート範囲外とさせて頂きます。

Q2OmnipeekでキャプチャしたパケットデータをWiresharkで読み込むことはできますか?

できます。
Wiresharkは、Omnipeekのパケットデータ形式に対応しています。
ただし、正常に読み込むことができない場合でも、弊社サポート範囲外とさせて頂きます。

Q3Omnipeekのマニュアルはありますか?

Omnipeekの日本語版マニュアルは、Omnipeekを開き Start Pageの中段”Documentation”の項にあるRead the User Guide」をクリックすると、PDF版のマニュアルが参照できます。

Q4Omnipeek対応のUSB無線LANアダプタを使用していますが、無線LANのコントロールパケットをキャプチャできません。

Savvius社の提供するカスタムドライバをインストールする必要があります。
こちらでご確認ください。

Q5Omnipeek v9.1のCompassダッシュボードにグラフが表示されません。

Compassダッシュボードは、Adobe Flash Playerを使用して表示しています。 v9.1からAdobe Flash Player for Internet Explorer (IEのアドオン)を使用して表示する仕様に変更になっています。
Internet Explorerのアドオンの管理でFlash Playerを無効化している場合、Compassダッシュボードを表示することができません。

Q6Windows 7のPCでUSB無線LANアダプタ用のカスタムドライバがインストールできません。

v5.1.12.48以降のRalinkドライバーでは、SHA-2 ハッシュアルゴリズムのコード署名を使用しています。
そのため、Windows 7、Windows Server 2008 R2でこのドライバをインストールする場合は、以下の更新プログラムが適用されている必要があります。
更新プログラムがインストールされていない場合、ドライバのデジタル署名の検証に失敗し、ドライバをインストールすることができません。

・KB3033929 (SHA-2 署名および検証機能のサポートを追加する更新プログラム)
[参考] https://technet.microsoft.com/library/security/3033929

この製品に関するお問い合わせ

03-5634-7653お電話受付時間/平日9:00-18:00
メールでのお問い合わせ

24時間受付