株式会社ディアイティはサイバーセキュリティとネットワークの企業

ネットワーク解析アプライアンス
Omnipliance

Savvius Omnipliance
ネットワークの継続かつ安定した運用は企業にとっての課題であり、企業活動に大きな影響を与えるものです。
Omniplianceは、ネットワークトラフィックの継続した把握をパケットレベルで実現し、問題への迅速な対応を可能にします。

このような課題解決に

  • ネットワークトラブルの原因究明をしたい
  • セキュリティインシデントの原因究明に活用したい
  • ネットワークのパフォーマンス低下の原因を把握したい

Savvius Omnipliance の特徴

そのパケットキャプチャの目的は何ですか?

ネットワークトラブルの原因究明には、少なくとも約1日分のパケットデータを保持できることが望ましい。
10GbE 全二重ネットワークの通信(※)をキャプチャして記録する場合、1日で 約62TBのストレージ容量が必要になります。
※平均トラフィック量70%、実稼働10時間の場合。

12TBストレージの場合 ››› 約4.6時間
44TBストレージの場合 ››› 約17時間

Omnipliance  ››› 約48時間 (2日)!
(Omnipliance T300 128TBストレージ)

Savvius Omniplianceは、高速ネットワークでただパケットを記録するだけでなく、確実にトラブル解析が行えることを考慮した必要十分なストレージを搭載しています。


パケットデータをいかに解析するか? が重要です

膨大なパケットデータを保存できても、目的に辿り着くことができなければ意味がありません。

Omnipliance

Savvius Omniplianceは、ネットワーク解析ソフトウェアOmnipeekとシームレスに連携し、パケットの抽出から解析、パケット保存までをネットワーク経由で手間なく行うことができます。


Omnipliance シリーズ


Omnipliance_seriese

Omnipliance の主な特徴

パケットキャプチャと解析に特化した
ハードウェア設計

パケットキャプチャのために構成された専用のハードウェアです。
パケットキャプチャ専用インターフェイスボードを搭載。 冗長電源により長期間安定したパケットキャプチャを実現します。
Omnipliance T310、M210はRAID 6をサポート。

Omnipliance
キャプチャアダプタカード

Omnipliance キャプチャアダプタカードは、パケットキャプチャのために設計された専用インターフェイスボードです。
エラーフレームを含めたパケットの取得、専用ハードウェアによるパケットのフィルタリングやスライシング、統計情報の算出を実現します。
モジュールを組み合わせることにより、様々な物理媒体のネットワークに対応。

Omnipliance 機能比較表

  Omnipliance T310 Omnipliance M210 Omnipliance C110
筐体ユニット数 2U 2U 1U
内蔵ストレージ
(システム領域)
2T (RAID 1) 1T (RAID 1) パケット保存領域と共有
内蔵ストレージ
(パケット保存領域)
64TB / 128TB 32TB / 64TB 16TB
パケット保存領域対応RAID RAID 0 / 6 RAID 0 / 6 RAID 0 /10
対応キャプチャアダプタカード 1G / 10G / 40G 1G / 10G 1G / 10G
オプション Extended Storage 96T

Omnipliance キャプチャアダプタカード 機能比較表

  1G Adapter for Omnipliance 10G Adapter for Omnipliance 40G Adapter for Omnipliance
搭載ポート SFP SFP+ QSFP+
搭載ポート数 4 2 / 4 2
対応モジュール 10/100/1000Base-T(RJ45 Copper)
1GBase-SX
1GBase-LX
10GBase-SR
10GBase-LR
SR4
対応機器 Omnipliance T310 /M210 / C110 Omnipliance T310 /M210 / C110 Omnipliance T310

関連レポート / 資料

この製品に関するお問い合わせ

03-5634-7652お電話受付時間/平日9:00-18:00
メールでのお問い合わせ

24時間受付