株式会社ディアイティはサイバーセキュリティとネットワークの企業

Tectia SSH Client / Server

エンドツーエンドのセキュアなデータ通信を実現
Tectia SSH Client/Serverは、TelnetやFTPと変わらぬ使い勝手で、強力な暗号化と認証技術でエンドツーエンドのデータ通信のセキュリティを守ります。

このような課題解決に

  • PCI DSS認定基準を満たして内部統制監査に対応した、データ通信の機密保持と安全性の確保と管理を行いたい。
  • Windows OS上で、外部公開用のSSHサーバを構築したい。
  • 日本語インターフェイスでドラック&ドロップで操作が直感的なSSHソフトを探している。
  • Windows、UNIX、Linux、メインフレームなど様々な環境に対応した通信セキュリティを一元管理したい。
  • 日本語によるサポートを受けられるSSHクライアントサーバーを探している。

Tectia SSH Client/Serverの特徴

1グローバルスタンダードのセキュリティ基準に準拠

政府調達基準FIPS140-2認定
PCI DSS要件準拠

PCI DSS Ver3 に対応するためのSecure Shell ガイド


2グラフィカルインターフェイスを利用した容易な操作/設定 (Windows)

ドラック&ドロップでファイル転送

※UNIX版はコマンドライン操作になります。


3世界標準の最新の暗合化アルゴリズム、鍵アルゴリズムをサポート

AES256bit、CryptiCore、FIPS140-2認証を取得した暗号化ライブラリをサポート
その他利用可能な暗合化アルゴリズム等はこちらの資料を参照下さい。


4各種プラットフォームの対応

UNIX、Linux、Windowsだけでなく、IBM z/OSおよびLinux on IBM System z等、各種プラットフォームに対応
対応OSはこちらの資料をご参照下さい。


5ログインユーザ毎に簡単に利用サービス及び、ディレクトリの移動を制限可能

Tectia Serverでは、接続元IP、接続先ユーザーID等を利用して、接続ルールを作成することが可能になります。

特定のユーザーIDへの接続については、SFTPのみ許可や、ホームディレクトリより上位のディレクトリには移動を制限するといった機能を設定すること可能になります。


6OpenSSH及び他社のSecure Shellクライアント/サーバとの相互運用が可能

Tectia Client/ServerではSSHプロトコルVer2をサポートしております。
SSHプロトコルVer2をサポートされている、SSHクライアント/サーバであれば、基本的な接続は可能になります。

【FAQ】他社SSH(オープンソース/フリーウェア含む)との接続性は?
※一部細かい機能に関しては利用出来ない場合があります。事前に接続確認をお願いします。


Tectia SSH Client/Server評価版のダウンロード

Tectia SSH Client/Serverはインストールから45日間、製品版同じ機能が利用できる評価版をご用意しております。
評価版のダウンロードについて以下をご参照下さい。


評価版ダウンロードページはこちら

導入事例

欧州の大手鉄道:クレジットデータの暗号化転送

ヨーロッパの大手鉄道が、クレジットカードのデータ処理にSSH ソリューションを採用

SSHコミュニケーションズ・セキュリティ社のソリューションを導入することで、鉄道会社の既存のカード決済システムに一切変更を加える事無くデータをセキュアに処理することができました。

米国大手小売企業:暗号化通信

顧客及び企業データの規制法令へのコンプライアンスを達成

米国の主要な小売チェーンは重要な顧客及び企業データを全社に渡り保護する為に Tectia ソリューションを展開。Tectia ソリューションはリスクを削減し、クレジットカード業界におけるセキュリティ基準(PCIDSS)のみならず、米国企業改革法(SOX)に準拠する事を可能としました。


この製品に関するお問い合わせ

03-5634-7652電話受付時間/平日9:00-17:00
メールでのお問い合わせ

24時間受付