株式会社ディアイティはサイバーセキュリティとネットワークの企業

無線LANセキュリティ診断サービス

PCI DSS要件でもある無線LANアナライザによる調査

無線LANは、有線LANと異なり周辺の外的要素の影響を受けやすく、管理外の無線LAN機器の存在や、外来波の影響、自社無線の到達範囲等、現状の無線LAN環境の把握には定期的な調査が必要です。構築時のまま運用を続けていると知らぬ間に危険に晒されている、という状況になりかねません。

クレジットカード業界のセキュリティ基準であるPCI DSSにおいても、その要件11.1で「無線アナライザを少なくとも四半期に一度使用し、無線アクセスポイントの存在をテストする。」と規定されています。

 

サービス概要

無線LANの安全かつ安定した運用のために、無線LANのエキスパートがお客様の無線LAN環境を調査・分析し、実態と脆弱性に関する分かりやすいレポートをご提供するサービスです。

 

調査の流れ

現在の無線LAN環境とそれを取り巻く外的要素を実測したデータをもとに作成されるレポートから、自社の無線LAN環境の脆弱性を客観的に評価することができます。調査現場までの距離、調査対象の規模等からお見積りします。詳細はお問い合わせください。

 

この製品に関するお問い合わせ

03-5634-7653電話受付時間/平日9:00-18:00
メールでのお問い合わせ

24時間受付