ウェビナー

事業存続の脅威となるサイバー攻撃に備える
可視化の重要性とセキュリティオペレーションの効率化


新型コロナウイルス感染症拡大で、世界中の経済活動、生活様式が大きく変わる中、この混乱につけ込んだサイバー攻撃が世界各地で急増しています。
WADJET(ウジャト)は、国立研究開発法人 情報通信研究機構の開発したサイバー攻撃統合分析プラットフォーム「NIRVANA改」に、 ディアイティが独自に開発した分析、防御機能を搭載し、セキュリティオペレーションを効率化します。

下記の課題を抱えているお客様に最適なソリューションです。

  • 3Dアニメーションによるネットワーク可視化を行いたい。
  • ネットワーク可視化を行いたいが、トラフィック量が多いためフロー対応した製品を探している。
  • 異常な通信や不正アクセスを誰でも迅速に把握できるようにしたい。
  • オペレーションの一部を自動化し効率化したい。
  • システム障害検知時、即時にオペレータが障害を認識出来るシステムが欲しい。
  • 不正アクセスなどを発見した際には自動的に防御、または簡易操作で通信を止めたい。
WADJETをご採用頂いたお客様の導入事例、最後にWADJET新製品 WebGateシステムをご紹介します。

■導入事例
関西大学様、長崎県立大学様、日立造船様など

ウェビナー概要

開催日時 2020年 11月 27日(金) 13:30~14:10
参加費 無料
運営 主催:株式会社ディアイティ
申込方法 本ウェビナーは、zoomを利用して開催致します。
フォームにて送信いただいたメールアドレス宛に登録用URLを送付させていただきます。
お手数をお掛け致しますが、登録用URLにアクセスし登録を完了させて下さい。

プログラム

時間 概要
セッション 13:30~
  14:00

事業存続の脅威となるサイバー攻撃に備える

可視化の重要性とセキュリティオペレーションの効率化

講演者 技術本部
和田尚人

質疑応答 14:00~
  14:10

セッション内容・講演者などが変更になる場合があります。


お問い合わせ

03-5634-7655電話受付時間/平日9:00-18:00
ウェビナーお申し込みフォーム