製品
ホーム >  製品 >  Forcepoint Firewall Enterprise

Forcepoint|Firewall Enterprise
※旧McAfee Firewall Enterprise(Sidewinder)
本製品の販売は終了しております。

Forcepoint

セキュリティリスクの最も少ないファイアウォール

Forcepoint Firewall Enterpriseは、国際的な製品評価保証レベル(CC)EAL4+の検査項目を最も多くクリアし、政府機関や軍、金融機関に豊富な導入実績を持つ、信頼性の高いファイアウォールです。また、パケットフィルタリングのみならず上位レイヤのアプリケーション制御やUTM機能を提供し、様々な脅威から、お客様の情報資産を保護する機能を提供します。

このような課題解決に

  • Firewallを導入しているが、Firewallで使われているOSの脆弱性はないのだろうか?
  • どのFirewallを購入するのが良いか機能が多すぎて決められない。
  • Firewallに障害が起こると無防備になるのでは?冗長化できるFirewallを検討したい。

Forcepoint Firewall Enterprise(Sidewinder)の特徴

アプリケーションの制御

  • アプリケーション名やWebサービス名を指定することでアクセス制御を提供
  • フィルタリングルールでは、パケットフィルタ、プロキシ、アプリケーションの制御まで環境に応じた幅広いルール作成を提供

SecureOSの採用

セキュリティ対策が実施されたOSを利用しており、CERTアドバイザリでも件数が僅少で安全性の高い製品を提供

リアルタイムセキュリティ制御

ゼロデイ対策、スパム対策、標的型攻撃に代表されるC&Cサーバへのアクセス防止機能として、 McAfee社のレピュテーションシステムGTI機能を提供

DNSサーバ機能を提供

外向け、内向けDNSサーバを同時にFirewall上で稼働可能なSplitDNSを提供
Forcepoint Firewall Enterprise(Sidewinder)

冗長化による可用性の向上

ハードウェア障害対策機能として同一ハードウェアによるHA機能を提供
Forcepoint Firewall Enterprise(Sidewinder)

UTM機能を提供

アンチウイルス、IPS、URLカテゴリフィルタ機能によるセキュリティ機能を提供

専用管理ソフトによるGUIを提供

  • 専用ソフトAdminConsoleによりGUIを提供
  • 各種設定の実施、ダッシュボードによる機器状況の提供
Forcepoint Firewall Enterprise(Sidewinder)

国ごとの制御

フィルタリングルールにおいて国ごとにアクセス制御可能なGeoLocation機能を提供

IPv6サポート

IPv6のサポート

製品情報および資料