エンドポイント監視サービスの概要

昨今、サイバー攻撃の高度化が急速に進んでおり、これを検知することさえままならない状況です。 例えば、ウイルス対策ソフトの検知できる攻撃が全体の45%にすぎないと言われており、半数以上の攻撃に対して防御はおろか、検知すらできていないのが実態です。
なんとか攻撃を検知できた場合であっても、誤検知の有無、情報漏えいの状況、原因、ネットワーク内における拡散状況を調査するには、 高度な知見を有する人材の育成や確保、調査時間、調査費用等膨大なコストが発生します。調査をおろそかにし、これを放置すると 後々に発生するコストが予想を遥かに超えるものとなります。


image

「エンドポイント監視サービス」にご加入いただきますと、PC、サーバ、スマートフォンにEDR(CROWDSTRIKE FALCON PLATFORM)を お客様の環境に導入し、ディアイティが監視いたします。

EDRは、ウイルス対策ソフトと同様にウイルスを検知・隔離するだけでなく、ウイルスによらないサイバー攻撃をも検知・防御する製品となります。
更にEDRは防犯カメラのようにエンドポイントで動作するプロセスをクラウドにログとして記録するため、攻撃を検知した場合にディアイティの セキュリティ専門家の精鋭部隊がお客様にかわってこのログを調査し、誤検知の有無、情報漏えいの状況、原因、ネットワーク内における 拡散状況の調査結果をご提供いたします。

現にウイルス対策ソフトやEDRで検知されない攻撃も存在し、これらの攻撃に対して弊社は、24時間365時間体制でお客様の環境を常時監視する CrowdStrike社のセキュリティ専門家の精鋭集団と連携し、人工知能(AI)や機械学習では検知できなかった攻撃をも発見し、お客様をサポートいたします。

EDRのログにあってはクラウドで管理されていることからテレワーク環境等従業員の自宅に設置したクライアントPCやスマートフォンにおいて検知された場合にも アラートを即座に把握し、リモートから記録を精査、政府の緊急事態宣言下であってもご担当者様が出社することなく調査することも可能となります。


関連レポート / 資料

カタログ
詳細資料(仕様書等)

このサービスに関するお問い合わせ

03-5634-7654電話受付時間/平日9:00-18:00
メールでのお問い合わせ

24時間受付