サービス
 TOP  >   製品/サービス  > サイバー情報パトロールサービス

情報漏洩調査とサイバー脅威対策

サイバー情報パトロールサービス

昨今のサイバー攻撃の急増に伴い、従来のP2Pや掲示板上の情報漏えいの監視に留まらず、サイバー攻撃やネットの炎上等を含めた統合的な監視に対する要望が高まってきています。
日々進化するサイバー脅威から企業や社員を守るには、サイバー脅威に関する正しい知識と情報を共有することが重要です。また、万が一のインシデント発生時には、迅速な発見と対応が求められます。

このような課題解決に

情報漏洩事件後の漏洩情報がインターネット上にあるか確認したい。

情報漏えいや自社の炎上などネット上のリスクを回避したい。

炎上対策を間違って更に炎上してしまった。今後の対策を教育を含めて行ってほしい。

夏季休業や年末年始休業など長期休業中のネット監視を行ってほしい。

サイバー情報パトロールサービスの概要

サイバー情報パトロールサービスでは、企業ならびに社員が安心してインターネットを利用して業務を遂行できるように、サイバー脅威に関する最新情報とその対策、PCやスマートフォンなどのリモートアクセスの安全な利用方法等の教育支援を提供します。
また、ネット情報の事前資料の提供と監視通知サービスに加え、情報漏えいやネット炎上、サイバー攻撃に関する情報を発見した場合には、その対策について提案いたします。

平日の監視および通知サービス

  • 監視:インターネット掲示板、ブログ、Twitter、SNSサイト、ファイル共有サイト、クラウドサービス
  • 目視チェック・監視通知(平日営業時間での対応)、報告のカスタマイズ等
  • 事後対策支援:対策案提示や発信者追跡支援などのコンサルティング
  • 初期費用:¥150,000  月額費用:¥400,000~(税別)

(月額費用は対象の規模やオプションにより変わりますのでお問い合わせください)

監視項目について

通知内容

  • ユーザ企業の関係する情報の漏えいが発見された場合
  • 社員が書き込んだ発言に対して、ネット掲示板等で炎上するなどし、ユーザ企業が特定できる状況になった場合
  • 悪意ある者によるサイバー攻撃の予告や、ユーザ企業のシステムに関する情報が書き込まれ、サイバー攻撃に進展する可能性がある場合

社員がインターネット上における被害にあわないためにも、企業がネット上の騒動から標的にならないためにも、事前の対策が重要です。また、攻撃による被害を最小におさえるための適切な行動をとり、信用に繋げられるよう協力いたします。

サービス情報および資料