株式会社ディアイティはサイバーセキュリティとネットワークの企業

PrivX

ワンタイム証明書を利用した、役割ベースのアクセス管理ツール
PrivXは重要サーバへのアクセス権を、役割ベースでユーザ与えます。
役割が与えられた、ユーザはPrivXに対してWebブラウザ経由でログイン、アクセス権が与えられた重要サーバにRDP/SSH接続が可能となります。
またPrivXから重要サーバへの認証について、短い期間しか利用出来ない証明書をアクセスごとに利用します。これにより、安全な通信環境を実現できます。

このような課題解決に

  • 重要サーバへのアクセス権の管理を簡単に行いたい
  • 重要サーバへのクレデンシャル情報をユーザに与えたくない
  • クラウド環境へのアクセス管理をご検討の方
  • 重要サーバへのメンテナンスを行う外部業者のアクセス管理を行いたい

PrivXの特徴

1Webポータル画面を利用した役割ベースのアクセス管理製品

PrivXはログインユーザに”役割”として接続先サーバを割り当てます。
PrivXにアクセスしたユーザは、与えられた”役割”に基づき、アクセス可能な重要サーバがリストで表示されます。


2ワンタイム証明書を使った、次世代の認証システム

PrivXから重要サーバへのアクセス時の認証に証明書を利用します。
このときPrivXでは短い期限の証明書を通信時に発行し認証を行います。
これにより下記二つのメリットがあります。

  • ユーザは重要サーバのパスワード等のクレデンシャル情報を知る必要はありません。
  • 第三者に証明書が流出したとしても、証明書期限が短いため悪用される恐れはありません。

3アクセス権の申請機能(ワークフロー)をサポート

PrivXでは”役割”の申請機能(ワークフロー)をサポートしております。
特定の”役割”に対して、”永続的に”、”期間”、“何時間”の3つのパターンで申請を行うことが出来ます。



4重要サーバへの操作内容の記録機能をサポート

PrivXから重要サーバへの接続について、操作内容を記録する機能をサポートしております。
操作内容はすべてパケットレベル保存し、記録した操作内容を確認する際は動画ベースで確認することが可能になります。


この製品に関するお問い合わせ

03-5634-7652電話受付時間/平日9:00-18:00
メールでのお問い合わせ

24時間受付